fc2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「カンパニー 」カテゴリ記事一覧


カンパニー(2人でプレイ)


カンパニーをいくちゃんと2人でプレイ 



 
初プレイなので、いくちゃんはアントレプレナーを選択、私はリアル職業のバイヤーを選択
初手は4金に負債、2金でオフィスと倉庫の維持費を支払って1金で負債を返却して・・


 
残りの1金で黄色の商品を1つ購入し、倉庫に保管 バイヤーは初期でオフィスの他に倉庫も持っているので最初から5つまで商品を保管できる
アントレプレナーは初期でオフィスしか持っていないので2つまでしか商品を保管できない


 
次のターンの手札、バイヤーが来た。バイヤーはコストレートを任意の方向に2つまで動かせる 能力をもっている。つまり、自分が買うときはコストを下げて購入し、その後コストを上げれ
ば他のプレイヤーに嫌がらせが出来る(笑


 
 
倉庫を活用したいので、青商品のコストを2つ下げて1にして・・


 
 
青の商品を一気に3つゲット、ふふふ、これを売って大もうけじゃ!と思ったら、販売フェイズで 商品を売れないことが発覚、バイヤーは買い付けは得意だが、売る能力は無いのである。

まあ、現実でも物を売るのは店舗の仕事なので、ゲームの設計は当たっているなぁ、と感心


 
 
商品を売るにはSのマークを持っているカードをゲットしなければならない。 サプライを見ると「営業」「ネット販売」がそのカードだ。むぅ営業をゲットしたいが5金は高い・・ とりあえず、ネッ

ト販売でガマン。


 
 
ネット販売を購入したことにより、商品の売買が出来るようになった。そして勝利点でもある
市場カード「個人」をゲット、ドミニオンと違いデッキに入るとお金として活用できるので、収

束が 早まるのはいい設計だと思う。


 
 
そして、金回りが良くなってきたので、いくちゃんにダルビッシュと命名された「営業」をゲット!
バリバリ働いてくれよ~


 
 
しかし、不動産の支払いのためにデッキに入ってしまった負債が会社会社経営を苦しめる。
序盤から2つの不動産を持っていたため維持費に苦労することになってしまった。 プラスアク

ションと販売能力を持っていないバイヤーは玄人むけ経営者かもしれない・・・
初心者用と思っていたアントレプレナーはバランスがいいのがここで分かった。


 
 
しかし、バイヤーの能力を使い自分だけ安く買い付ける作戦を継続する。 ライバル会社は「広報」を連発し価値を高めた商品を売る戦略らしい。

 
わが社も広告を使い、最高勝利点カードの「法人」をゲット。 これがデッキに入ればさらに加速、勝利は目の前だ!


しかし、序盤の遅れを取り戻せず、ライバル会社に法人を買い占められて終了、
最終16対19で敗北。初プレイは説明書にあるとおり、アントレプレナーを使うべきでした(笑 


評価 

これは、面白い!ドミニオンクローンはいっぱいあるけど、テーマとシステムが うまくハマッているし、ルールも複雑すぎない。負債や 借入金のアイディアも素晴らしいと感じた。

いくちゃんコメント
わたしにはちょっと難しいな~、勝利点を取るまでが長くて大変。シンプルなドミニオンが好きだな
 


追記
このゲームを買った当時はバイヤーでした。先日久々に遊んでみましたが、面白かったです、
拡張はでないのかな~

スポンサーサイト



カンパニー






人数  2~4人
時間  45分~90分
年齢  13歳以上

会社運営がテーマとあっては、現職のバイヤーとして、やらないわけにはいけません(笑
同じようなテーマでカードゲームを自作中だったので、ワクワクしつつ購入しました



簡単に言えばドミニオンタイプのデッキ構築型ゲームです、ひねりが加えられているのが、商品の価値やコストを変動させる為のボードがある点と

それぞれ能力が違う経営者カードがある点、 あとは勝利点の市場カードを獲得するのにひと手間かかる事かな 

 
ドミニオンの王国カードにあたる経営カード



 
 
勝利点の市場カードと商品ボード 、商品が購入されると、価値が下がったりするのは、ナビゲーターに似ている。



 
 
こちらが経営者カード、役職ごとに能力が違っている。どのカードも面白そう!


カードと商品コマは、すべてのプレイヤーに共通の場に置かれており、獲得コスト分のお金を支払って 獲得します。ただし、勝利点である市場カードはお金ではなく、価値を支払って獲得しなければなりません。

価値は商品コマを販売することによって生み出されます。 サプライに置かれている3種類の市場カードのうち、1種類が0になるか、負債カードが0になるとゲーム終了で その時点で勝利点が多いプレイヤーが勝利です。

早速あそびたいのだが、子供には難しいし、奥さんは寝てるし・・・一人で回してみるか(笑


翌日早速遊んでみました。