fc2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「さ行 」カテゴリ記事一覧


スマッシュアップ



人数  2~4人
時間  45分
年齢  12歳以上

商品紹介を読んだだけで購入決定!もろに好みの雰囲気で、お手軽に遊べる「シャッフル型構築型」カードゲームです

ルールを簡単に説明すると

準備  8つの中から2つの陣営を選び、シャッフルし40枚のデッキを作る
手番  戦闘員1枚、アクション1枚を好きな順にプレイ
得点  秘密基地を陥落させたら貢献度の高い順位VPを獲得
終了  誰かの手番の終わりに、合計勝利点が15VP以上になったらそのプレイヤーが勝利

以上すごい簡単、適当に陣営を決めて早速とバトル!




私は魔法使い+忍者陣営、いくちゃんは恐竜+海賊、手札は最初5枚でスタート




人数+1の秘密基地が場に配置されている。それぞれ特色があるので、とりあえず自分の戦略を活かせる基地を攻めてみる




ゲーム後半、秘密基地を協力して陥落させる協力ゲームかと思っていたが、結構足の引っ張りあいでなかなか陥落させきれない(笑




最後は魔法使いのプラスアクション、プラス戦闘員と忍者の能力をうまく使い勝利!


魔法使い+忍者はまあまあ相性が良さそうです、それに比べて恐竜+海賊はカード能力のバッティングがあって相性があまり良くないようでした。組み合わせをいろいろ試すのも面白そうですね。



評価  

用意されている8つの陣営がどれも個性的で面白い、準備もルールも簡単なので効果さえ覚えれば次男のU太君でも遊べそうな感じがします。個人攻撃が結構できるので、それがちょっと気になりますが、トップが簡単に分かるので多分大丈夫でしょう。拡張も出そうなので楽しみです




余裕のあるボックス内、きっと拡張で埋まるのでしょう(笑


スポンサーサイト



すきもの


人数 2~6人
時間 7歳~
年齢 30分

以前から非常に気になっていたのですが、価格が高いので購入をためらっていました・・
 しかし、臨時ボーナスが入ったので無駄遣いする前に欲しかった商品をいくつか購入

Q>ボードゲーム買うのは無駄遣いではないのですか (;゚Д゚)!?
A>はい、違います (゚∀゚ )

カードが全部で423枚とドミニオン級の枚数、スリーブに入れるのも一苦労です 

 


価格が高いだけあって、コンポーネントは納得、とくにお金トークンは気に入りました

このゲームの目的は、他のプレイヤーよりも早く、50両を稼ぐことです
流れを簡単に説明すると
  1. ターンの初めに、店の主人から給金を5両貰う
  2. 番号札の順番に好きな地域のデッキを取り、全員同時に商品を探し購入する
  3. 店の主人に商品を売る
全員が商品を売り終えた時に、50両以上をもつプレイヤーがいたら、そのプレイヤーの勝利です、いなければ1に戻ります。

これだけ、すごい簡単!おそらく小学1年生でも大丈夫だと思う




所望品一覧ボードに茶器店主人が所望する品をセットします
商品はそれぞれ松竹梅と価値が違っていて、さらに売買によってその価値も変動します。平凡な梅の商品でも、プレイヤーがその商品を主人に売らずにターンが経過すると、松の商品より買取価格が高くなったり、逆に松の商品の価値が下がったりもします。




ゲーム開始時にランダムで8つの山札を作ります。商品購入フェイズになると順番に探す地域を決めるのですが、全員がどの地域に商品をさがしに行くか決めた後は、同時買い付けタイムになります。そして買い付けを終えた順番に番号札を取り、早く買い付けを終えた順番で店の主人に商品を売ることができます。ここがこのゲームの一番面白いところです。のんびり買い付けをしていると、自分が売ろうとしていた商品の価値が無くなってしまい買い付けた商品がガラクタになる事もあるのです。




早速いくちゃんとテストプレイ!!
最初のうちは手持ち金が少ないので、松や竹の商品は買えません・・地道に梅の商品を探し稼ぎます。ちなみに松商品は12種類×2、竹商品は12種類×4、梅商品は19種類×6の枚数となっていて、それが8つのデッキにランダムにわけられています。




今回は梅の商品をたくさん集めて一気に売る作戦です。(商品を1回売る事に価値が1つ下がってしまうので、1回で複数枚売ると効率がいいのです)それに対していくちゃんは売れるものを見つけたらどんどん売っていく作戦です。


結果は・・・







惨敗 (゚д゚lll)

えーと、2人プレイだと溜めてから売る作戦はダメみたいです。予想以上に早く終わるので間に合いません。3回やって全部負けました・・・



評価 

面白い!!、商品を買い付ける山札サーチ勝負は燃えます。アクションゲームはあまり得意ではない、いくちゃんも楽しめたようです。買い付け戦術は各プレイヤーによって個性がありそうなので、いろんな人と遊んでみたくなるゲームです。初心者からゲームフリークまでオススメできるいい作品だと思います。


いくちゃんコメント

最初は難しいと思ったけど、そうでもなかった。狙った商品が高く売れると嬉しいけど、先物買いで集めてた商品がガラクタになったときはションボリヽ(´Д`;)ノ

ゾンビサイド




人数 1~6人
時間 1~2時間
年齢 13歳以上

俺ビューさんの記事をみて、これは面白そう!と思い即購入
ルールを読むと子供と一緒に遊べそうだし、豪華なフィギュアにも惹かれました
 
ゾンビサイドはプレイヤー同士が協力してゾンビと戦う協力ゲームです。
9枚のパネルを組み合わせて、用意されたミッションをクリアするのが目的となります。

チュートリアルは簡単にクリアできたので、 初級シナリオ「迷走!」を1人でプレイ
このシナリオの目的はエリアを入念に調査する事。
具体的には、エリアすべてのドアを開け「弾薬」か「物資」を持った状態で脱出地点に
生存者を全員集めると勝利です。

今回は、1人プレイなのでキャラクター4人を担当します。




まずは武器を探すためにも、スタート地点に一番近いドアを開けます
ただ建物の中にはゾンビがいるので、すんなり中に入ることは出来ません
ドアを開けた時に建物の各ゾーンに対して判定を行うのですが・・・
今回運が悪く、いきなり最強のゾンビが登場!
こいつは初期装備では倒すことができないので、この建物の捜索は諦め
となりの建物に向かいます。

しかし、ドアを開けるとここにも中級クラスが2体、・・初期装備で倒すのは
かなり困難です、この建物の捜索も断念し、下の建物に向かう事にしました




しかし、ゾンビターンにマンホールからの奇襲を受けてしまい足止めをされてしまう
なんとか2人だけは逃げ出すことに成功するが・・・




建物のそとからもゾンビがワラワラと湧いてきて、あっという間に囲まれてしまう
この後すぐに全滅・・・

初プレイは何も出来ず完敗、理不尽なほどゾンビが湧いてくるので本当にクリア出来るの
かと 疑ってしまう(笑 でもゾンビゲームなのでこれはこれでアリだと思う。
ゾンビを倒すと経験値が溜まりキャラクターが強くなっていくが、その分ゾンビの湧き方も 激しくなっていくというマゾシステム、協力ゲームですがパンデミックやフラッシュポイント とは 明らかに楽しみ方が違います。詰将棋みたいな感覚はなく、理不尽にやらていく様を笑いながら楽しむパーティーゲームみたいな感じでしょうか。1回だけの感想なので、やりこんだらまた変わってくるかもしれません。




評価 

カード運やダイス運が強いので、人によって合う合わないが出ると思いますが、
私は面白かったです。でも片付けは大変です(笑